<< 4月 2006 | Home | 6月 2006 >>

SendSignal

ナイスなツール、SendSignal を発見。
kill コマンドのない Windows で、任意のプロセスにシグナルを送ることのできるツール。
・SendSignal
http://www.latenighthacking.com/projects/2003/sendSignal/

Windows サービス登録しててコマンドプロンプトを前面に出せないとか、スクリプトを組んで何か自動的にスレッドダンプを取得したいとかいう場合に便利。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

MacBook登場


iSight, FrontRow, MagSafe電源アダプタ のみならず PowerBook 的なギガビットEthernet、さらに Intel Core Duo や光デジタル/アナログオーディオ入出力ポートまで搭載した MacBook が登場。
http://www.apple.com/jp/macbook/macbook.html
ラッチの部分の爪は省略されて、初代 iBook みたいにバネ圧(?)でしまっている構造みたい。

完全に PowerBook12" をリプレースする方向っぽい。
AppleStore でもMacBook 13" MacBook Pro 15"/17" と並んでいて画面サイズで差別化を図っている雰囲気。

色は iPod みたいに白と黒の2色があるみたい。これは欲しい!
価格は¥134,800(1.83GHz/60GB/Combo)、¥159,800(2GHz/60GB/Super Drive)、¥179,800(2GHz/80GB/Super Drive)、とお値頃。
249,800円スタートの MacBook Pro がちょっと割高に感じられる。
ん、差額を考えると MacBook のハードディスクは 20GB で2万円!?!?

MacBook

MacBook の登場に合わせて、MacBook Pro は密かにお値段据えおきでスピードアップが図られているそうだ。
また、glossy(日本語ではクリア) or standard(反射しにくいやつ) スクリーンを選べるようになっているとのこと。iBook は glossy のみっぽい。
Apple quietly speed-bumps the MacBook Pro, adds “glossy screen option”

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

iLife '06 アップデート

今日のアップデートは iWeb がやたらとサイズがでかい!
アップデート内容を見てみると blog へのコメント機能が追加されたみたい。


これで iWeb も使い物になるかな?

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

侍 2.1.1 公開


侍はタブ表示できる GUI の tail ユーティリティです。

タブ表示で複数のログファイルを一つのウィンドウで監視したり、インクリメンタルサーチしたりと開発時、運用時に重宝します。
Java/Swing で作られているので Mac OSX、Windows、Linux など Java が動作するあらゆるプラットフォームで動作します。
ちょっと変わった機能としては、CSV のグラフ化や、Java のスレッドダンプ、GCログのグラフ化などがあります。
侍2.1.1

侍2.1.0からの変更点
主に IBM製 JDK の対応が改善されています。
・IBM JDK1.4.2の-verbosegcログをサポート(JDK1.4.2_08でテスト)
色々記録される情報のうち、GC前のヒープ使用量、GC後のヒープ使用量、GC時間を抜き出してグラフ表示します。
うれしいことに IBM JDK はバージョンによって様々なフォーマットの GC ログを出力するみたい。JDK1.4.2_08 以外のは順次(やる気、要望次第)対応予定。
・IBMのJavacoreでブロック状態を検出できない場合があったのを修正
Javacore のフォーマットについて仕様書でもあれば解析も楽なんだけれども・・・。
・スレッドダンプ表示のフォントファミリ/フォントサイズ設定が反映されていなかったのを調整
普通に使う分には困らないけどプロジェクタ使ってデモする場合とか必要。
・スレッドダンプ表示を調整
細かいところで見やすくなりました。

起動はこちらから -> http://yusuke.homeip.net/samurai/samurai.jnlp
(要JDK1.4以降 & Java Web Start)


Donation:
(要PayPalアカウント)

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Velocity メモ - #include() と #parse() の違い

#include() は静的にインクルードする。
中の式や if 文は解釈されない。

一方 #parse() は親のテンプレートに動的に挿入されて式や if 文も解釈される。
もちろんコンテクストの変数も参照可能。

ドキュメントには全く誤解しようがない説明が書いてあるんだけれども JSP の感覚でえいやと使うとハマる。
ハマった。
・Velocity - VTL Reference - #include

・Velocity - VTL Reference - #parse

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

侍 2.1 公開


侍はタブ表示できる GUI の tail ユーティリティです。

タブ表示で複数のログファイルを一つのウィンドウで監視したり、インクリメンタルサーチしたりと開発時、運用時に重宝します。
Java/Swing で作られているので Mac OSX、Windows、Linux など Java が動作するあらゆるプラットフォームで動作します。
ちょっと変わった機能としては、CSV のグラフ化や、Java のスレッドダンプ、GCログの解析機能などがあります。
侍2.1

侍2.0.6からの変更点
主にスレッドダンプ解析結果の表示が見やすくなっています。

・デッドロック検出機能の追加
デッドロックしているスレッドにドクロマークがつきます。
スレッドダンプ中にデッドロックしている旨が表示されない IBM の Javacore でもこの機能は働きます。
・スレッドダンプペインの見やすさを向上
アイドル状態のスレッドの折りたたみを3行目以降にして、上位のスタックをちょっとだけ見えるように。
・スレッドダンプ解析結果のクリア機能を追加
プロセスを起動しなおさなくても1からスレッドダンプを解析始められます。
・ロック依存関係にアンカー、ハイパーリンクを追加
例えば - waiting to lock ******* といったスタックに貼られているリンクをクリックするとそのオブジェクトをロックしているスタックへジャンプします。
ロックの依存関係を追跡するのが大変楽になります。
・IBM Javacore でロック関係をスタックトレースに表示
IBM の Javacore ではスタックトレース中にどのオブジェクトをロックしているか表示されません。
侍2.1を使うと、Sun JVM と同様に - trying to get lock #### / - locked #### といった形でスタックトレースにロック取得状況が表示されます。


デッドロックを検出したところ


ロックオブジェクトのリンク関係


スレッドダンプクリアボタン

起動はこちらから -> http://yusuke.homeip.net/samurai/samurai.jnlp
(要JDK1.4以降 & Java Web Start)


Donation:
(要PayPalアカウント)

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

侍 2.0.6 公開


侍はタブ表示できる GUI の tail ユーティリティです。

タブ表示で複数のログファイルを一つのウィンドウで監視したり、インクリメンタルサーチしたりと開発時、運用時に重宝します。
Java/Swing で作られているので Mac OSX、Windows、Linux など Java が動作するあらゆるプラットフォームで動作します。
ちょっと変わった機能としては、CSV のグラフ化や、Java のスレッドダンプ、GCログの解析機能などがあります。
侍2.0.6

侍2.0.5からの変更点
・スレッドダンプペインの見やすさを向上
アイドル状態のスレッドの折りたたみ具合を IE ライクに。
・スレッドダンプ解析結果の保存機能を追加
・weblogic.Admin コマンドによるスレッドダンプ解析機能の追加
WebLogic Server で JRockit を使いかつ、weblogic.Admin という管理コマンドでスレッドダンプを出力させた場合、通常と異なるフォーマットで記録されます。
この特殊なフォーマットに対応しました。
WebLogic Server 8.1 SP1〜SP5、9.0、9.1 とそれぞれに付属の JRockit で検証しています。


より見やすくなり、解析結果保存機能がついた侍2.0.6

起動はこちらから -> http://yusuke.homeip.net/samurai/samurai.jnlp
(要JDK1.4以降 & Java Web Start)


Donation:
(要PayPalアカウント)

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Java SE 6.0 for Mac OSX Developer Preview 1 リリース

一足おくれてようやく Mac OSX でも Mustang が登場しているのを偶然発見!
Java SE 6.0 Release 1 Developer Preview 1 (Intel)(要ログイン)
まだ alpha quality なので重要なシステムにはインストールするなとのこと。

リリースされたのは Intel 版だけ。これから PPC 版はどんどん置いていかれるんだろうか。
・・と思ったら todo リストには挙がっていた。

Features not yet implemented in this preview:
PowerPC support
Attach-on-demand for JMX
Applet support (plug-in).
Java Web Start
SplashScreen
Java SE 6 Java Preferences utility

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加