<< 7月 2006 | Home | 9月 2006 >>

ピョンが治る!

茅場町にて。


で、ピョンって何でしたっけ?

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

AquaLogic Service Bus 2.5 リリース

SOA に必須のサービスバス製品である、BEA の AquaLogic Service Bus。
簡単に言えば WebService を初めとするメッセージの動的ルータ/知的プロキシ。
今回 2.5 がリリースされた。
BEA AquaLogic Service Bus 2.5

eDocs ホーム > BEA AquaLogic Service Bus™ 2.5

比較的シンプルな製品で当初よりそれなりの完成度があったけれども、どんな新機能があるかというと・・
AquaLogic Service Bus の新機能

特に目立った新機能はないかな?
場合によってはパフォーマンスのボトルネックになりやすい製品なので「スケーラビリティの向上」はちょっとうれしいところ。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

グライダーに体験搭乗!

埼玉県妻沼(めぬま)市の利根川河川敷にあるグライダー滑空場に行きました。
母のつてでグライダーの体験搭乗をするためです。
妻沼はグライダーのメッカで、5つくらいグライダーの滑走路があります。

今回おじゃましたのは防衛大の合宿最終日。
母がアーチェリー場で知り合った友達がここで教官をしているわけです。

グライダーって滑空しながら落ちるばかりで、滑空時間は飛行開始時の高度に比例するものと思っていましたが間違っていました。

山間部じゃなくても地表にはいたるところにサーマルと呼ばれる上昇気流があるんだそうで、これにうまく乗って旋回していると上昇することができるそうです。
コンディションがよければいくらでも飛んでいられるみたい。不思議!

母と嫁さんは防衛大のその教官に乗せて貰いそれぞれだいたい7,8分の飛行時間でした。
私はとなりで練習している早稲田大の機体に乗せて貰いました。
早稲田の監督は指導ばかりで乗りたくてうずうずしていたのか、なんと30分以上も飛行してくれました!

グライダーはケーブルをウインチで巻き取って引っ張って最初上昇するのですが、切り離し(離脱という)たタイミングでは高度330〜350mくらい。
サーマルに乗って調子よくぐんぐん登っていき、「監督、そろそろ・・・」と言われるまで550mまで上昇しました。

グライダーは無線機こそ積んでいますが滑空に必要なメカは全てカラクリ仕掛けです。
当然エンジン音はないので滑空中は大変静か!

旅客機と違って右にも左にも風景が見えるのは圧巻です。

大変素晴らしい体験をさせて頂きました。



もちろん愛機の E-330 を持っていった訳だけれども、反省点は2つ
・せっかくの離着陸のシーンは絞ってシャッタースピードを長めにして流し撮りしたほうが雰囲気でる
あまりに初めての体験ばかりでとりあえずフレームに収める事で必死でした。
・機内からの撮影には PL フィルタを装着!
アクリル製(?)のシールドがめちゃめちゃテカってしまいました。
テカってるのは、それはそれで臨場感があるかもしれませんが。
ただ、しょっちゅう旋回して激しく太陽光の向きが変わるのでフィルタのおいしい角度を使えるかどうか怪しい。
置きピンならぬ置きPLフィルタテクニックが必要か?

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

板橋区花火大会

8月5日には戸田市と板橋区が合同で開催している花火大会が催されました。
毎年に近い勢いで見てます。

今年は奮発して有料観覧席を確保したのが大正解!
めちゃめちゃゆったりしてて、大迫力で見られました。

もちろんカメラを持参してパシャパシャ。



撮影は絞り F11 で、リモコンを使ってバルブ撮影。
花火が登っている間に開放して、破裂してから適度なタイミングで閉じるといった感じ。
開放したまま黒い覆いで手動シャッターをして、気に入った花火を好きなタイミングで撮影するという多重露光も試みたけど、夜空のどこからどこまでがフレームに収まっているのかわかっていないので面白い写真はとれませんでした。
E-330 のライブビューに慣れているためファインダーを覗かずに心眼で撮るようなことしてないため、どの角度に向けてどれくらいの焦点距離で撮るとどこが写るのか、という感覚が全くないです。

あと、開放中にフォーカスリングをずらすテクニックをどこかで見たけど電子的にしかフォーカス制御ができない E-330 では開放中フォーカスをいじれませんでした。
かわりに開放中にズームさせて撮ってみたらたまに面白い写真が撮れてました。あんまり花火に見えないけど。

構図はともかく誰がどうとってもそれなりに綺麗に写る花火は被写体として最高!

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

WebLogic Portal 9.2 / WebLogic Server 9.2 リリース


WebLogic Server 9.2(J) がリリースされた。
BEA ホーム > ダウンロード > WebLogic Server 9.2

・WebLogic Server 9.2 の新機能
http://edocs.beasys.co.jp/e-docs/wls/docs92/notes/new.html

WebLogic Portal 9.2(J) もリリース。
BEA ホーム > ダウンロード > WebLogic Portal 9.2

・WebLogic Platform 9.2
BEA WebLogic Portal® 9.2

ドキュメントはまだ英語の部分もあり。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加