<< 7月 2010 | Home | 9月 2010 >>

RubyKaigi 2010 に行ってきました

私の言語スキルは
・読める書ける
BASIC、QuickBasic、Pascal、Fortran、RealBasic、Z80アセンブラ、Java、SQL92
・なんとかならないでもない
C、C++、C#、PHP、Python、bash
といったところ。ここ10年は Java べったりです。

最近 Clojure や Scala、Ruby や Python と色々な言語が流行していますね。またスクリプト系言語を操れるとちょこちょこっとした作業が楽だという話を良く聞きます。しかし私は根っからの java 使いでちょっとしたファイル操作でもゴリゴリと Java でコードを書いています。きっとスクリプトならサクサクっと処理できるんだろうなぁ・・などと思いながら。
というわけでスクリプト系言語の見聞を広めるために行ってみました、RubyKaigi!
Java はもう見捨てた!!!とかそういうことではもちろんありません。
場所はつくばの国際会議場で8月27日から8月29日までの三日間。二泊三日でじっくり行ってきました。
RubyKaigi 2010, August 27-29


RubyKaigi2010の様子

続きを読む...

このエントリーをはてなブックマークに追加   

オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fall 事前登録受付中

先日のエントリでも書きましたがオープンソースカンファレンスに参加します。

「OSC2010 Tokyo/Fall」事前登録受付中 新たにTwitter4J、Red5などのコミュニティも参加:CodeZine
オープンソースカンファレンス2010 fall - オープンソースの文化祭!

初めての参加でどれくらいの聴講者が集まるか心配なところです・・・。
事前登録が始まったようですのでよろしければ登録してください。
私のセッションは2日目の14:00-14:45の枠になります。
展示ブースも持ちますので気軽に声をかけてください。


関連記事:
オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fall で出展、スピーチします - 侍ズム

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

「間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ 非機能要件の開発と評価」 本日発売です

先日書評を書いた「間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ 非機能要件の開発と評価」が本日発売になります。

アーキテクトを目指す人にも、いわゆる SE にも、プログラマにも、そしてプロジェクトマネジメントをしているかたにもオススメです。

Amazon:
楽天ブックス:


関連記事:
2010-08-19 - だんなのお仕事
あ - コンピュータクワガタ
「間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ 非機能要件の開発と評価」 を頂きました - 侍ズム
2010-07-24 - だんなのお仕事 [書籍]間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読みました

ちょっと話題の本「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読みました。

可愛い女子高生の絵で引き寄せておきながら、中身はバリバリのビジネス本・・なのかと思っていましたが意外や意外、ストーリー性、そして登場人物のキャラクター性に富んだ内容でした。

多くの経営者の教科書となっているかの有名なピーター・ドラッカーの本「マネジメント」(と言っても最近まで私は知りませんでした・・)を参考に女子マネージャが野球部の改革に乗り出したら・・という青春ストーリーです。

「マネジメント」の主要箇所を織り込んでテンポ良く進む話は読み物としても面白く、一気に読めてしまいました。

「マネジメント」のノウハウを野球部で実践したところ部員のやる気を引き出すことに成功し、グイグイと実力も伸びていってついには甲子園出場も現実味を帯びてくる・・・、というあまりにも出来すぎた話なのですが、それはまぁ小説ということで。最後はホロリと来ます。

「企業とは・組織とはこうあるべき」的なトピックがたくさん出てくるのですが、本書では説明的になりすぎないためか、「なぜそうあるべきなのか」が書かれていません。
というわけでドラッカーの入門書としては良いのですが、原典を読んでみたいと思わされたのは作者の思うつぼなのではないでしょうか!?

これまで私は部下をもったことはなく、4社で延べ8人の上司のもとで仕事をしてきました。もちろんいろいろなタイプの上司がいたわけですが、本書を読みながら「あのときはこう言われて嬉しかったな」「確かにこういわれてやる気が出たなー」などと振り返るきっかけになりました。今後は一経営者として活かせたら、と思います。

また大学では部活で一応主将を務めていたのですが、この本を読んでいたらやり方が違ったかも?とも思いました。その時その時でベストと思える判断をしてきたつもりなので決して自分のやり方が間違っていたと後悔するわけではありませんが・・・。

Amazon:
楽天:


Amazon:
楽天:
マネジメント

マネジメント

価格:2,100円(税込、送料別)


このエントリーをはてなブックマークに追加   

ゴールデンスランバー

を観ました。
ゴールデンスランバー

宅配ドライバーとして平穏な日々を送っている主人公が突然首相暗殺事件の容疑者に仕立て上げられ、逃亡劇を繰り広げるという話。

伊坂幸太郎原作で主演は篤姫で徳川家定を演じていた堺雅人。

テンポが良く「典型的な展開」とはかけはなれたストーリーにぐいぐいと引き寄せられました。本質的ではないけどちょっと残念なのは映画・小説の題名にもなっているビートルズの曲、Golden Slumbers がビートルズオリジナルのバージョンではなくカバー曲が流れること。

映画を観たあとで小説を読みましたが細かな描写から映画のシーンがしっかりと頭に浮かんできます。キャスティングや映像化がとてもうまくいっているのではないでしょうか。
映画では小説と若干設定が異なるのですが違和感なく、物足りなさもなく観られます。

順番としては映画を観てから小説を読むのがオススメです。ハリウッド映画ではなかなか観られない必ずしもハッピーエンドとは言えないやるせないエンディングが良いです。

DVD:

Amazon:
楽天:
ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

価格:3,652円(税込、送料別)



本:
Amazon:
楽天:
ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

価格:1,680円(税込、送料別)


タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

「間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ 非機能要件の開発と評価」 を頂きました

「間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ 非機能要件の開発と評価」を頂きました。

Amazon:
楽天ブックス:


アーキテクトとして活躍するトム・エンゲルバーグさん著。そしてSpringユーザ会で、WebLogic勉強会で有名な長谷川裕一さん、土岐孝平さんによる翻訳です。

「間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ」とは私にとってとってもしっくり来るタイトルです。
建築でもソフトウェアでも同じだと思いますがアーキテクチャというのは唯一の解があるものではなく、同じ目的・機能を実現するのに幾通りもの方法があります。
正解がたくさんあるのと同時に、目的・機能を実現出来ていながら明らかに不正解と言えるアーキテクチャもあります。

この本は後々ボロを出さないためにも「間違いだらけ」にならないアーキテクチャを決定するための著者なりの方法論や経験が書かれています。
ただ、方法論といっても堅苦しいものではありません。アーキテクトとしてのベストプラクティスについてのセミナーの様子を一冊の本にまとめたという設定で、筆者の視点から饒舌に語られています。
さらにセミナー受講者としてシニア・マネージャやSE、宇宙人(!)など様々な立場の人が登場し、様々な角度からの質問をぶつけてくるのに対して軽妙な語り口で筆者が答えていくという面白いスタイルになっています。

経験豊富な筆者の話をあるある(笑)、と読み物として楽しむのも良いですし、筆者の経験を疑似体験して実際の開発に役立てるのも良いと思います。

体系的に方法論を学べる本ではありませんがどのようなレベル、立場の方でも何かしら得るものがある本だと思います。

私は最近エンジニアでないお客様に見積もりの提示やその根拠の説明をしなければならないことが多いのですが、本書でクローズアップされている「非機能要件」の定義についてはちょっとヒントを貰えた気がします。

なんだかざっくりとした書評になってしまいましたが、フランクな文体で書かれており肩の力を抜いて読める面白い本です。
# そのフランクな文体が長谷川さんと土岐さんを悩ませたことと思いますが・・・

ちなみにトム・エンゲルバーグさんは Java のスペシャリストみたいですが本書は特に Java に特化した内容ではありません。モダンなオープン系システムの開発に携わっている方であればすんなりと読めるはずです。

値段は2,079円とこのテの本としては高くありません。一度お手にとってみてはいかがでしょうか?
8月17日発売予定です。

関連記事:
2010-07-24 - だんなのお仕事 [書籍]間違いだらけのソフトウェア・アーキテクチャ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Fisheye 2.3.5 をインストール

最近自宅サーバを PowerBook G4 から先日買った Mac mini へ少しずつ移行しています。

Fisheye 移行のタイミングで、何が新しいのかわかっていませんが最新のバージョン 2.3.5 にアップグレードしました。
バージョン 2.2.1 では問題なかったのですが、最新の 2.3.5 では MySQL のデータベースがケースセンシティブでないといけないというエラーがでました。サーバのOSが Mac OSX だから(HFS+はケースインセンシティブ)でしょうか?

とりあえず内蔵の HSQLDB に切り替えることで回避しました。
どうもデータベースはコードレビュー機能である Crucible で使われているようです。
Fisheye のみを使っているのでデータベースは実質使われていなさそうなので気にしないでおきます。

関連記事:
Mac mini 買いました - 侍ズム
FishEye 2.0.6 のインストールとアップグレード - 侍ズム

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Drools 5.1 リリース

オープンソースルールエンジン Drools の最新版 5.1 がリリースされました。

注目すべきは新たに追加された Drools Installer と Drools Server でしょうか。
Drools Installer は簡単なスクリプトが集まった80kb強のファイルです。
スクリプトでは JBoss AS、Eclipse のダウンロード、JBoss AS への GWT Console と Guvnor のインストール、Eclipse へのプラグインのインストールを一気にやってくれます。

Drools Server はREST の APIを持つスタンドアロンのエンジンです。XML や json に対応しているので Java 以外の言語からも容易に Drools を呼び出すことができます。ファクトが多いとパフォーマンスが問題になりそうですが・・・。

Drools Downloads - JBoss Community

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日からスクーバダイバー : Cカードを取得しました

X,Y方向だけでなくZ軸方向にも自由に移動できるダイビングには前から興味がありました。
そこで先週末、伊豆に行ってスクーバダイビングのCカードを取得しました。

CカードはCertificat Cardの略で、これで世界中どこに行っても潜ることが出来ます!
Cカード協議会(レジャーダイビング認定カード普及協議会)-オフィシャルサイト

おろそかになっているアーチェリーがよりおろそかにならないよう、ほどほどに楽しんでいきたいと思います。


伊豆から見えた富士山

できれば魚の写真でも載せたかったのですが、水中で写真を撮るには最低4回は潜った経験がないといけないそうです。
次の目標は水中撮影!!

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fall で出展、スピーチします

9月に開催されるオープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fall で出展、スピーチすることになりました。
お題目は Twitter4J です。

オープンソースカンファレンス2010 fall - オープンソースの文化祭!

展示の内容はまだつめていませんが、Twitter4J の応用事例の紹介/デモをしたり機能の紹介をしたり、といったことを考えています。
この手のイベントにプライベートで参加するのは初めてです。まずは「楽しむこと」「多くの人とコミュニケートすること」を目標としたいと思います。

出展は9月10日、11日の両日で、11日午後にはセッションを一つ担当しています
オープンソースのライブラリとして広く使って頂いている Twitter4J ですが、
どのようにプロジェクトを回しているのか、どうやってモチベーションを保っているのか、またいかにして普及していったのか数字を交えて話したいと考えています。

また時間があれば適用事例、デモ、ロードマップについても説明もしたいですね。

オープンソースプロジェクト運営/参加に興味のある方、Twitter4Jに興味のある方/既にお使い頂いている方など、皆様の参加をお待ちしています。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Magic Trackpad 買いました

発売されたばかりの Magic Trackpad を買いました。

まだ使い始めたばかりで慣れていないけれども既に良い感じ。普段から MacBook (Pro)のトラックパッドに慣れていて、外付けディスプレイ+外付けキーボードのデスクトップ時も操作感を統一したい人にはお勧めです。

慣性スクロールが気持ちよいMagic Mouse も気に入っていますが Magic Trackpad はドラッグ操作がしやすいのがいいです。
# Magic Mouse がドラッグ操作しにくいとも言える・・・

MacBook Pro 操作時には右手でも左手でもトラックパッドを使うのでキーボード手前、真ん中に配置したいのですが親指の付け根がトラックパッド上部に干渉するので残念ながら真ん中に配置するのは無理です。
各種レビューではキーボードとぴったりサイズ!とキーボードの右側に配置されている写真を良く見ますが私は左利きなので左側に配置しています。

さらに Magic Mouse は右側に配置してどちらの手でもマウスカーソル操作ができるという変人環境になっています。しばらく使ってみてどっちをメインに使うか決めたいと思います。


パッケージ。ちょうどCDサイズ


裏面にはマルチタッチを活用した使い方の一覧


パッケージを開けると目に飛び込んでくるのはミッチミチに入っている本体


パッケージの底には保証書と説明書


iPhone 4 と比較するとこれくらいのサイズ


Bluetooth キーボードとぴったりのサイズ。左利きならもちろん左側に配置!

関連記事:
4月 - MacBook Pro
5月 - iPad
6月 - Mac mini
7月 - iPhone 4 買いました

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

iPhone 4 買いました

遅ればせながら一週間ほど前に iPhone 4 を手に入れました。

新発売には乗り遅れたのでどうせなら発売が遅れた白を買おうかなーと思っていましたが、白はしばらく出なさそうということで黒を選択!

iPhone 3GS と iPhone 4

3GS からの乗り換えですがパフォーマンスの違いはあまり感じられません。
が、劇的に解像度があがっているにも関わらずパフォーマンスが「下がらない」ことがすごいのかもしれません。

またディスプレイのクオリティは驚異的。
解像度が高い携帯は指や耳の油分で滲んで見えてしまうことがありますが iPhone 4 ではそれがありません。コーティングが良いためでしょうか?

持った感触は良く言われている通りちょっと重い感じ。3GS とほとんど変わらない重さながらやや小ぶりなためでしょうね。

また、持っただけではあまり気がつかないのですが良く比べてみると 3GS より大幅に薄くなっているのがわかります。

3GS と 4 の厚さ比較

ここで驚きなのは 4 のデザインよりもむしろ iPhone 3G(S) の厚さを感じさせないデザインかも。MacBook Air あたりから Apple 製品に採用されている、端に行くに従い薄くなるデザインがうまい錯覚を起こしていることがわかります。

関連記事:
4月 - MacBook Pro
5月 - iPad
6月 - Mac mini

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加