<< 8月 2010 | Home | 10月 2010 >>

9月28日 Google Developer Day (GDD) 2010 に出展します

オープンソースカンファレンスに続き、明日開催される Google Developer Day に Twitter4J.org として出展いたします。
Google Developer Day 2010 デベロッパーサンドボックス



ホールB5の Android のコーナーで、 ハラタケ目 さんと Android Developer's clubさんに挟まれた位置にブースを構えています。

一人での出展になるので席を外していることもあると思いますが少なくともセッションとセッションの間は居るようにします。
Twitter4J を既にご利用の方、Twitter と連携するアプリケーション・サービス開発に興味のある方、そして Twitter4J とは関係ありませんが をお使いの方など、是非声をかけてください。手作りステッカーを用意してお待ちしています!


なお、同じホールで出展しているヴィジョンアーツ株式会社様は Chan-Toru サービスで Twitter4J を使ってくださっていると伺いました。面白い展示内容なので是非併せてご覧ください。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fall で出展・講演しました

多言語対応TwitterクライアントであるGALAcTTERを開発している@bakeratterと共同で先週末、オープンソースカンファレンスに出展してきました。
オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fall - オープンソースの文化祭!



「オープンソースの文化祭」と銘打っているだけあって本当に雰囲気は文化祭。
教室でワイワイガヤガヤと出し物を見せながら交流するイベントです。カレーがうまかったー

Twitter4J 自体は完結したソフトウェアではないので来場者の反応は様々。
「えーーと、これで何ができるの?」 → 「Twitter でできることは何でも出来ます」
「Twitter API を叩くのと何が違うの?」 → 「Java からだととっても楽に呼べるようになります」、と何度説明したことでしょうか・・・。
ライブラリの出展って難しいですね。
でもMOBWAYSさんのTwitSignageや streamd.in をデモ展示してそこそこ見た目は面白かったのではないかと思います。
Streamdin - Anytime, Anywhere

またスペイン人の来場者もあり、翻訳機能をもった GalacTTER が火を噴くぜ!、と思ったらちょっとバグが見つかりうまく翻訳できないトラブルも。惜しい!!!!

このテのイベントに参加したのは初めてで戸惑いましたが色々と交流できて楽しむことができました。

二日目には「オープンソースコミュニティの急激的な成長とその裏舞台: Twitter4Jの場合」というちょっと偉そうなタイトルで講演をさせて頂きました。
2,3人だけポツリポツリしか受講者がいない状態だったらどうしようと心配していましたが蓋を開けてみれば20余名の方が集まってくださいました。

内容としてはみるみるコミュニティに関わる人が増えていった中でどういったツールを使ってコミュニティを運営しているかという話です。これといって革新的なプラクティスや隠れた便利ツールを紹介しているわけでもなく極めてストレートな内容。
スライドだけではイマイチ雰囲気をお伝えできないかもしれませんが slideshare にアップいたしました。
興味がありましたらご覧ください。



これからもこういったイベントには顔を出して Twitter4J で人と繋がって行ければと思っています。
次は9月28日の Google Developer Day に Developer Sand Box という企画でブース出展します。

関連記事:
転石はどん底まで止まらない(・∀・) オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fallに行って来た(1)
転石はどん底まで止まらない(・∀・) オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Fallに行って来た(2)
オープンソースカンファレンス2日目かんそー - I18n and L10n in My Life

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Amazon Kindle を買いました

アプリケーションが作れる(ようになる)、自炊PDFリーダーとして手軽、ということで買ってみました。Kindle。


結構質素なパッケージ


保護フィルムに印刷されているように見えるけれどもeインクで表示されていたインストラクション


説明書は電子ブックとして内蔵されています


USB電源アダプタとUSBケーブルが付属。Kindle側は特殊形状(?)


iPhoneとならべるとこれくらいのサイズ

関連記事:
【PC Watch】 Amazon「Kindle 3G + Wi-Fi」試用レポート ~日本語表示対応、小型軽量化された電子ペーパー端末

このエントリーをはてなブックマークに追加