<< 9月 2012 | Home | 11月 2012 >>

デベロッパーサミット 2012 (夏サミ)に出ました #natsumiA4 #natsumi

正式名称はDevelopers [Social Enterprise] Summit 2012。
Developers [Social Enterprise] Summit 2012

「エンタープライズ」と「ソーシャル」がテーマということで、そのお題目に沿った「エンタープライズ✕ソーシャルエンジニアのスキルセット」というパネルディスカッションの1パネラーとして出演させて頂きました。

モデレーターはGrowth xPartners鈴木雄介(@yusuke_arclamp)さん、パネラーは他にグリーの藤本真樹(@masaki_fujimoto)さん、セールスフォースの大沢良樹(@ryojiosawa)さん。

フワフワっとしたタイトルなのでどういう方向に話が進むのだろうと正直直前までドキドキしていたのですが、天才モデレーターがキレイに議論の方向をもっていってくださいました。
自分なりに言いたいことが言えて、そしてTwitterを見る限り結構共感していただけたようで良かったです。
ディスカッションの様子はブログやTogetterをご覧いただければと思います。

2012/07/27 夏サミ2012 【A-4】[パネルディスカッション] エンタープライズ✕ソーシャルエンジニアのスキルセット #natsumiA4 - Togetter
wktcoder: Developers [Social Enterprise] Summit 2012に参加してきました。
Developers [Social Enterprise] Summit 2012(夏サミ)に参加してきた #natsumi - Shinya’s Daily Report
Developers Summit - くぇる's blog - Launch & Iterate
DevelopersSummitに参加してきた - かいはつにっき

このエントリーをはてなブックマークに追加   

TechLION Vol.8に出ました - Vol.10 は11月16日 #techlion

もう3ヶ月も前のことになりますが、以前告知した通りTechLION Vol.8に出演させていただきました。

TechLIONはWeb、インターネット界隈の方々を招いて成功談、失敗談、今後の展望なりを参加者と一体となって話すフシギイベントです。

実際に参加しないとつかみにくいのですが、ざっくり言えば「エンジニアによるエンジニア向けのトークライブ」でしょうか。
過去のTechLIONのレポート

Vol.8ではメインゲストに慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の砂原先生(@sunakichiwide)、そしてモバツイを立ち上げたことで有名なえふしんさん(@fshin2000)、シックスアパートのまゆみん(@mayumine)さん、そして私(@yusuke)がパネルディスカッション(?)のゲストでした。


左から@mayumine、忍者|@fshin2000、@yusuke

Vol.8報告(1/2)―はちゃめちゃトークの中に砂原流プロジェクト立ち上げ術を見た
Vol.8報告(2/2)―Twitterゆかりのゲスト達がソーシャルメディアの道筋を語り合った

えふしんさんと私は「Twitter関連サービスを開発・運営している人」「Twitterの中の人」というタレント性もあってお呼び頂いたのに関わらずイベント当日はすでに会社を売却していたり退職が決まっていたりという展開!でしたが面白いトークが繰り広げられたのではないかと思います。

詳しくはレポート記事TechLION vol.8 #techlion - Togetterをご覧ください。
Vol.9は既に10月9日に神戸で開催されました。

次回Vol.10は11月16日に開催となります。あの日本のインターネットの父、村井純先生や@masuidriveなど個性豊かな豪華ゲスト陣に期待です。

TechLION vol.10
場所は六本木SuperDeluxe。いわゆるライブスペースで、飲みながら、食べながら楽しめます。揚げたてのフライドポテトがオススメ。今すぐお申し込みを!
申し込みフォームに「どのようにしてこのイベントを知りましたか? 」という欄があるので「侍ズムを見て!」と書いてくださるとうれしいです。別に私が何かもらえるわけではないですが。

関連リンク:
Vol.8報告(1/2)―はちゃめちゃトークの中に砂原流プロジェクト立ち上げ術を見た
Vol.8報告(2/2)―Twitterゆかりのゲスト達がソーシャルメディアの道筋を語り合った
TechLION vol.8 #techlion - Togetter
TechLION vol.10

このエントリーをはてなブックマークに追加   

山本@yusuke、Twitterやめたってよ #yusuke_left_twitter

先月の話になりますが標記の通り、@yusukeはTwitterを退職しました。

入社からちょうど1年になります。

入社したのはDeveloper Advocate[1]であるTaylor Singletary(@episod)に「東京でDeveloper Advocateをやらないか?」を誘われたのがきっかけ[2]でした(もちろんTwitterのDMで!)。

Twitter Japan唯一のエンジニアとしてDeveloper Advocateという枠にとどまらず自分だからこそ、日本にいるからこそ価値を発揮できることは何なのかを考えながら臨機応変にセールス、ビジネスデベロップメント、サポートなど色々な部門と連携して楽しく幅広い仕事をしてきました。

これまでになかった新しい情報発信の仕方、そして情報収集の仕方を提供するホットな会社であるTwitterに「中の人」として関われたのは貴重な体験でした。

またBEAでも、FAST Search & Transferでも、Red Hatでもそうでしたが自分が関わっている部分にとどまらず社内の全てのソースコードを見られるのはソフトウェアエンジニアとして非常に幸せなことです。

転機は開発に関わる比重を増やして欲しい旨を言われたことです。世界中で何億もの方が使うTwitterのサービス開発に携わるのは大変エキサイティングなことですが、Twitter APIで広がる世界が面白くてDeveloper Advocateとして入ったのとTwitterのサービス自体の開発は「日本にいるからこそ出来ること」とは違うなー[3]という思いがあり退職を決意するに至りました。

今のところ「次の就職先」は決まっていません。就職活動もしていません。何か凄いビジネスアイディアがあるわけでも、会社をおこす予定も今のところはありません。

つまりフリーランスのエンジニアとしてしばらくやっていこうと思っています。腕ならしがてら小粒なWebサービスやモバイルアプリを開発しながら方向性を考えたいと思います。ボンヤリと考えていることは本日発売のWeb+DB Pressのインタビュー記事でもお話させていただきました。

UST職人、仕事などのご依頼がありましたらTwitterLinkedInFacebookメールどれでもご都合の良い手段でご連絡いただければと思います。

新しい門出を祝って何か贈り物をしたい、という方がもしいらっしゃいましたら干し芋のリストよりお願いいたします!
@yusukeのほしいもの
# ふざけんな、ってくらい高価なモノが入っていますがランニング用品が本命

[1] APIを使う開発者を支援する役割
[2] RedHat退職後、就職はせずフリーランスでやっていこうと思っていましたがTwitterに入るのは面白そうと思っていました。東京で募集をしていたサポートの枠に応募するも(たぶんエンジニアは求めていなかったので)放置されていたという裏話もあります^^;
[3] 良く「本社に移籍すればいいのでは?」と言われますが、サンフランシスコはBEA時代に満喫したので引っ越しをするつもりは今のところないです

Amazon:


楽天ブックス:



関連記事:
10月24日発売だょ - しろくま女子大生ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

2012年11月10日(土)JJUG CCC 2012 Fall - 「Twitter4Jのプロモーション戦略」 #jjug #jjug_ccc

JJUG CCC(Cross Community Conference)は日本Javaユーザーグループが春、秋に開催しているカンファレンスです。
今年の秋のCCCは11月11日にベルサール三田にて開催されます。
11月10日 JJUG CCC 2012 Fall(東京都)

JJUG CCCは特にテーマは設けず(ですよね?)、またJavaにも限らないという思い切ったカンファレンスで幅広い話題に富んだセッション満載です。

私も一枠頂いており「Twitter4Jのプロモーション戦略」としてTwitter4Jをいかにしてデファクトスタンダードのライブラリとして世界中で使ってもらえるようになったかを説明する予定です。
JJUG CCC 2012 Fall – 開催概要 | 日本Javaユーザーグループ

もちろんTwitter4Jが広く利用されるようになったのは運も、タイミングから来る必然性という要素も大きいと思います。
が、類似のライブラリが乱立する中でいかに使ってもらえるようにするか考え、実行したことがいくつかあります。定量的に計ることはできませんがおそらくその戦略は一定の成果を出しており、Twitter4Jに限らず応用できる部分があるのではないかと思い、JJUG CCCで話させていただくことになりました。
技術的な内容のセッションが多い中ちょっと毛色が違いますが、カンファレンスにご参加の上聴講していただければと思います。

概要:
JJUG CCC 2012 Fall – 開催概要 | 日本Javaユーザーグループ

申し込み:
11月10日 JJUG CCC 2012 Fall(東京都)

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

au iPhone5 - 無駄なプランには入ってない?

ソフトバンクががんばってシンプルにしてくれた携帯電話料金の仕組みはここに来てまた複雑になってきています。
auでは契約時にスマートパス、待ちうた、迷惑電話撃退サービス等々、「とりあえず*今は*無料ですから」と言われ、その場で検討するのは面倒でとにかく早く本体が欲しかったので言われるがまま色々加入しました。もちろん放置しておくとある日から料金が発生する性質のモノが多いのでぼやっとしていると無駄にお金を払うことになります。

調べたところ今加入しているのは以下の通り。

・ずっと無料
- auプレミアメンバーズ
docomoでいうプレミアクラブみたいなもの。加入年月に応じてポイントがたまっていく的な。とりあえず解約する必要はなさそう。

・12月末まで無料
- auスマートパス
魅力的なコンテンツは少なくとも今のところなさそうなので解約するつもり。解約はWebの「お客様サポート」画面からしか解約できないとのこと。

・2013年3月末(加入時から6ヶ月間)まで無料
- お留守番サービスEX(通常315円)
- 迷惑電話撃退サービス(通常105円)
- 待ちうた(通常105円)
- 三者通話サービス(通常210円)
「6ヶ月無料」ということで上記をまとめて加入して放置しておくと7ヶ月目から315円毎月かかります。

・有料
- LTEプラン(毎月980円)
ソフトバンクのホワイトプランにあたるもので基本中の基本料。
- LET NET(毎月315円)
ネットをするのに必要
- テザリングオプション(毎月525円、2年間は無料)
たぶんiPhone5SかiPhone6が出るまで2年間はかからないので今は検討する必要なし。

・基本料金無料
- SMS(基本料無料。他キャリアへは1通毎に料金がかかる)
iMessageだけ使うのであればなくても良いが、基本料金はかからないので迷惑SMSが多ければ解約を検討しても良いのではとのこと。

というわけで
・12月までにauスマートパスを解約(たぶん使わない)
・3月末に「電話基本パック」を解約(留守電をつかわなそうであれば)
という方向でいこうと思います。いやほんと難しい。

なお、MNPをすると2年間基本料金が無料になるという(キャンペーン名が)話題の女子割男子割は特に申し込みせずとも自動的に適用されるのだとか。

さて、こんなことを調べたのはもちろんiPhone5を買ったからです。
これまでdocomoのAndroidケータイ(契約は12年くらい)とSoftbankのiPhone(3G発売時からの契約)の2本体制でした。

docomoからMNPでauに乗り換え、Softbankは解約です。
ソフバンの 080-3213-9529 が電話帳に入っている方、090-の番号に一本化されますので登録変更のほどよろしくお願いします。電話番号はFacebookに登録してあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

Web+DB Press vol.71 - 内定女子@ttmtmyにインタビューして頂きました #wdpress

Web+DB Press vol.71を頂きました。



・今知っておきたい 安全・堅牢なWebサイトの作り方
・WebSocket実践入門
・はじめてのHeroku
・[速習]Play framework 2
と、面白そうな記事が並んでいます。
まだパラパラっと見ただけなのですが「今知っておきたい 安全・堅牢なWebサイトの作り方」の第1章、「HTML5でできること、できないこと」はHTML5を追い切れていない方(=自分)には必見の記事!

そして今回は「内定女子ともよの会社訪問記」という連載インタビュー記事に載せて頂きました。
お人形さんのような内定女子(旧シューカツ女子) - @ttmtmyが毎回エンジニアの働き方に焦点をあててインタビューをするという企画で、今回は「イクメンエンジニア」として取り上げて頂きました。

最初「会社訪問記」ということでお話を頂いたので「いや、もう会社やめちゃうのでちょっと・・・オープンソースエンジニアとかイクメンエンジニアといった切り口なら」とお答えしたら「イクメンエンジニアで行きましょう!」と話がトントンと進んだ次第です。

どんなことをしてきたのか、どんなことを今後したいのかを気ままかつ赤裸々に話させて頂いたので「ふぅーん、へぇー」と読んでいただければと思います。

Amazon、楽天ブックスでも予約受付中です。

Amazon:


楽天ブックス:



関連記事:
10月24日発売だょ - しろくま女子大生ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

JavaOne 2012レポート - What's new in Servlet API 3.1 #j1jp

Servlet API3.1は現在Early Draft Review
JSR-000340 Java Servlet 3.1 - Early Draft Review

・Non-blocking IO APIをサポート
ServletInputStream, ServletOutputStreamに以下のメソッドを追加してノンブロッキングなアプリケーションが書けるように。

ServletInputStream
#setReadListener
#isFinished
#isReady
ServletOutputStream
#setWriteListener
#canWrite

コード例を見たけどなんだかゴチャゴチャ。既存のServlet APIに建て増しして難しくなってしまってる感じ。ノンブロッキングでスケーラブルなアプリケーションを作るならNettyでいいかな・・。(ポータビリティとかロックインとか気にしなくて良い場合)

・Protocol Upgrade
HTTPで接続後に同じコネクションを使ってプロトコルを変更することが出来るらしい。実はHTTP1.1(RFC2626)で規定されているとのこと。
現在のところWebSocketで使われているが、将来的には他のプロトコルもサポートできると。Servlet APIとしては HttpServletRequest#upgrade(ProtocolHandler handler) というメソッドを追加することで対応。
双方向、全二重通信が出来る・・・がプロキシは通りにくいと思う。


Servlet API3.0からの差分についてはJCP.orgでダウンロードできるPDFの193ページを見ればいい。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Dredd

を観た。
DREDD 3D | Official Movie Site | September 21

核で汚染され退廃した世界で警察権も裁判権も持つなんでもアリな"JUDGE"と呼ばれる組織が悪者達を成敗していく。さらに新米のJUDGE候補は読心術を持ったサイキック!、というワクワクする設定。

でも全編を通して暗い絵で、爽快感よりもドロドロした感じが印象に残った。
筋の決め手となる部分がかなり聞き取れずストーリーをちゃんと把握できなかったこともあり、あんまり楽しめませんでした。

JUDGEが持っている超万能の武器は欲しい!

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

Hotel Transylvania

を観た。
Hotel Transylvania - Official Sony Pictures International Movie Site

過保護な吸血鬼のお父さんと、物知らずな箱入り吸血鬼の娘の話。
人間はキケンだからモンスター界から出ちゃだめ!→やだ、人間界を見てみたい!、みたいな立場を変えれば普通の親子にも当てはまりそうな設定が面白い。
お父さんがモンスター界に現れた人間の青年と打ち解けていく課程や、人間がキケンだと認識したエピソードなど結構ホロリと来る。
そして娘の吸血鬼、Mavisがカワイイ!

ソニーピクチャーズのCGアニメは初めて?のような気がするけれども絵の風合いもコミカルな動きもヒジョーに良く出来ていてビックリ。

最近観た中では一番のヒットかも!かなりオススメ!

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ParaNorman

を観た。
ParaNorman | New Animated Zombie Comedy from LAIKA | USA

「Pixarじゃない3D CGアニメ」としてかなり面白かったココラインとボタンの魔女と監督が同じ。
死者が見えて、会話まで出来てしまうという特殊能力を持っていることでいじめれらっ子の主人公が何もかもぶちこわそうとする魔女から街を守るという話。
全然怖い話ではなく、かわいいゾンビーも出てくるコメディ。

ココラインインでもそうだったけれども何とも言えない奥行き感を使った3Dならではの演出が素晴らしい!

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

バイオハザードV リトリビューション

を観た。

バイオハザードV リトリビューション - オフィシャルサイト
前作でかなり世界が終わってしまった感があったけれどもど派手な予告編に釣られて観てきました。

舞台はかなり変化するものの、基本的に箱庭内、閉鎖空間で物語が展開するので話の筋が広がりようがない感じ。

意外とあっさりと決着する戦闘シーンもあればやたらと冗長な先頭シーン(最後の氷上の肉弾戦)があったりとなんだかバランスが妙。そしてアンブレラ社が誇るAIの気まぐれ加減がまたまた・・・。

ものすごく洗練された映像と微妙な脚本とのギャップでがっかりする感じ。B級な作りだったほうがむしろ面白いかったかも?

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

鍵泥棒のメソッド

を観た。
内田けんじ監督最新作『鍵泥棒のメソッド』

予告編を見たときから面白そうだなーと思っていたけれどもこれは自分的に大ヒット!
ゴールデンスランバー以来の(?)堺雅人と香川照之の共演がすばらしい!
香川照之の演じる殺し屋(?)と、記憶喪失でフヌケになった時との雰囲気の変わりようがすごい。
堺雅人は芯があるけれどもちょっとオマヌケという相変わらずのキャラクターが愛おしい!

途中のどんでん返しと最後のオチも秀逸。何度も観たくなる映画。

同じ脚本で舞台でやっても面白そうだなーと思った。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

を観た。
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

踊る大捜査線シリーズはかなり好きなので期待してました!
"THE FINAL"と銘打っているだけあって最終回にふさわしい重厚なストーリー・・・を期待していたけれども、あれ?これでおわっちゃうの?という感じ。

最後の危機一髪の場面、無茶苦茶過ぎるんだけどどうにかならなかったものか・・・。
「新たなる希望」なので「帝国の逆襲」「ジェダイの復讐」とシリーズが続いていくことを期待してます。

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

JavaOne 2012レポート - Technical Keynote #j1jp

例年だと週の半ばくらいに行う最新技術のショーケースとなるTechnical Keynote。今年は1日目にStrategy Keynoteとまとめて行われました。

- JavaFXテクノロジーデモ
当日発表されたばかりのScene Builder1.1を使って開発したSchedule Builderというアプリケーションのデモ。JavaOneのセッションスケジュールを閲覧できるリッチなデスクトップアプリケーションで、Windows、Mac OSX、Ubuntuでまったく同じフィーリングでスムースに動くのが印象的。Oracleの用意しているWebベースのスケジュール管理ツールは不満が多く、皆Schedule Builderの正式公開してー!と切望していました。

Windowsで動作するSchedule Builder


Mac OS Xで動作するSchedule Builder。ウインドウ右上のアイコンからフルスクリーン動作にも対応していることがうかがえる

Schedule Builderはダイアログの雰囲気や慣性の効いたスクロールなどがiOSアプリケーションを彷彿させるけれども残念ながらAndroidやiPadといったデバイスによるデモはなし。

Raspberry Piで動かすでデモも行われるも残念ながら起動してすぐにクラッシュ!
(実はこの瞬間が基調講演で一番盛り上がった)

残念ながら失敗に終わったRaspberry Piのデモ

- Project Avatarは?
HTML5とJavaという組み合わせでマルチプラットフォームアプリケーションの構築を実現できるとするProject Avatarは去年iPadでデモを行い大いに話題になりました。今回Project Avatar自体に大きなアップデートはないものの、Project Easelという取り組みが紹介されました。これはUIにHTML 5を使うAvatarベースのプロジェクトの開発・デバッグをブラウザと連携させて効率的に行うもので、具体的にはNetBeansのプラグインとChromeのエクステンションからなります。HTML 5ベースのNetBeansプロジェクトをChromeで実行しつつもブレークポイント設定、ステップ実行などをNetBeansから行えるというもので、HTML 5アプリケーションをJavaプログラマがスムースに開発できるようになりそうです。

NetBeansとChromeを連携してHTML 5アプリケーション開発を行えるEasel

- JavaEE
JavaEEに関しては大きなアップデートはなく、JSONやWebSocketといった最近流行の技術に対応する予定であることを改めて確認しました。

Java API for JSON processingのコード例


Java API for WebSocket 1.0のコード例

・Strategy KeynoteとTechnical Keynoteのまとめ
正直サプライズの全くない基調講演!
着実にJavaの世界が広がっていることはわかるものの、もう少し未来を見せて貰いたいところです。


関連記事:
JavaOne2012まとめ記事まとめ #j1jp - BLOG.IK.AM

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

JavaOne 2012レポート - Strategy Keynote #j1jp

今年もJavaOneに来ています。
順調にJava7のアップデート、普及が進む中Oracleはどんな未来を見せてくれるのでしょう?
まずは1日目の基調講演のレポートから。

・会場が違う!
去年、おととしは一発目の基調講演"Strategy Keynote"はMoscone Centerで行いました。Oracle Open Worldとの区別をはっきりさせるためなのか、ことはMasonic CenterというNob Hillをちょっと上ったところで開催。Technical Keynoteと一緒に初日に行われました。

・Strategy Keynote
Strategy KeynoteはJavaの現在、そしてこれからのロードマップを示すもので基調講演の中でも最も重要な位置。

会場となったMasonic Center

- Javaの現状説明
Javaを取り巻く環境が依然活況で、Java7は今年3月から4月にかけてJava6をしりぞけてトップシェアに上り詰めたそうです。未だにJava1.4とかオーパーツみたいなVMを使っているプロジェクトも見かけるので早いところ移行してもらいたいものです。OpenJDKベースのMac OS X用のJava7やLinux/ARM版Java7もリリースされているのでWrite once, Run anywhereはばっちりですね。

シェアでJava6を上回ったJava7

- NashornのOpenJDKへの提供
Rhinoに置き換わるJVM用JavaScriptエンジンとしてこれまでOracle独自のプロジェクトとして進んできたNashornはOpenJDKへ寄贈されるそうです。発表時はかなりドヤ顔で拍手を期待していたような空気がありましたが、Java8ではNashornがバンドルされる予定となので当然の流れ・・・・。

NashornはOpenJDKへ寄贈

- JavaFXのアップデート
JavaFXは年内に完全にオープンソース化されることが発表されました。これはいいこと!
また当日朝にはScene Builderの最新版バージョン1.1のデベロッパープレビューがリリース。Windows、Mac OSXだけでなく今回初めてLinux版も。オーサリングツールとして完成度は非常に高く、次世代のデスクトップ向けのUIフレームワークとして強力にプッシュしていることがうかがえます。Sunの時代はランタイムは良いものを作りつつ、ツールはサードパーティのマーケットが広がることに期待しつつイマイチで結局盛り上がらない、みたいな技術が多くありました。Oracleはツールもしっかり作って開発者の取り込みに積極的な印象。

JavaFXの事例として貨物管理システムのデモがありました。JavaFXを採用した理由としてもちろんJavaベースであること、ハイパフォーマンスなグラフィックス/アニメーションサポートすること、先進的で洗練されたAPI群を持っていること、そして2Dと3Dアプリケーションの統合が非常に楽であることを挙げていました。

JavaFXをフル活用したアプリケーション

- JavaEE 7
JavaEEについては正直目新しい発表はなし。既にJavaEE 7対応を表明しているベンダは14にも上ることに触れ、正式リリースされれば堅実に普及・移行が進むことが予想される。HTML 5、WebSocketやNoSQLのサポートなどもAPIの標準化というJavaらしいアプローチで対応していくことを表明した。実際今年はHTML 5やWebSocket関連のセッションが目立ちます。

- ユーザー事例
ユーザー事例として面白かったのがNike。
アスリートに人気のNike+シリーズはiPodやiPhoneと連携するNike+を初めとして去年末に発表したNike+Fuelband、Nike+Basketball、そして近々発売されるNike+Kinect Trainingなど多々あり、どれもユーザーのトレーニングのアクティビティをサーバサイドでJavaで管理しているそうです。

関連記事:
JavaOne2012まとめ記事まとめ #j1jp - BLOG.IK.AM

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加