<< 3月 2014 | Home | 5月 2014 >>

#typetalkhack に参加しました #typetalk4j

Typetalk APIを使ったハッカソン、Typetalk Hack Tokyoに参加しました。

Typetalkオンライン・コラボレーションドローツールのCacooやプロジェクト管理ツールであるBacklogなど、協調作業の生産性を向上するクラウド型ツールを提供するヌーラボが立ち上げているチャットツール。
Typetalk

現在のところは無償で使えるツールでAPIも豊富にあるということでイソイソを参加してきました。
Hackや#golang、GAS、Scala、Smalltalkなどを活用する様々なオシャレプログラマに混じってベタベタなJavaでチャレンジ。

実はTypetalkは当日サインアップしたくらいでどんなサービスなのかも知らなかったのですが、一目瞭然。チャットに特化したインターフェースで非常にわかりやすかったです。

そしてAPIドキュメントが非常に充実。サンプルコードも説明もしっかりしているのですぐに呼び出せます。

今回作ってみたのはTypetalk4J。つまりJavaから型安全にTypetalk APIを呼び出すことが出来るライブラリ。

とりあえずシンプルなコードで投稿が出来るところまでは行った。

public class TypeTalkTest {
public static void main(String[] args) throws TypetalkException {
Typetalk typetalk = new Typetalk(4707);
typetalk.getAccesToken();
typetalk.post("このメッセージがTypetalkのトピックに投稿される!");
}
}


実体はTwitter4Jの内部で使っている簡単HTTPラッパクラスを使っていて、Typetalk APIのラッパよりも、Twitter4JのOAuth2.0対応強化(といっても1コミットだけ)に時間を費やしました。

まだアクセストークンの取得と、テキストメッセージの投稿が出来るだけなので、もう少し対応APIを増やしてから公開します。最初のインターフェース設計が悪いと後々苦労することになりそうなのでよくよくAPIドキュメントとにらめっこをしてから・・・ね。

それにしても、ものの1時間でサクサクっとTypetalkと連携するプログラムを作ってしまうハッカー達が集まってすごかったです!

Typetalkは(今のところ)無料で使えて、(料金ではなくユーザービリティの面で)手軽なので、何かと重宝しそうです。そしてAPIはやっぱり楽しいなーと実感。

開催してくださったヌーラボさん、そして会場を提供してくださったSmartNewsさん、ありがとうございました。


あ、あと本気でやりますよという印にドメインもとりましたよ。まだ空っぽのgithubのリポジトリに転送してるだけだけど。
http://typetalk4j.org

関連記事:
Typetalk Hack から学ぶ Typetalk API のはじめかた | ヌーラボ [Nulab Inc.]

タグ :
このエントリーをはてなブックマークに追加   

エンジニアtypeに寄稿 - 「API経済」の転換期、日本は生き残れるか~これだけは押さえておきたい3つの戦略

キャリア関連のインタビュー記事や、エンジニアによる多岐にわたる記事を多く掲載しているエンジニアtypeにて、『New Order - 「融合の先を拓く者たち」』という新年度特集があります。

今回API関連で取材か寄稿を、という依頼を頂きました。光栄にも結構な頻度で取材して頂いているので今回は寄稿をしてみました。

「API経済」の転換期、日本は生き残れるか~これだけは押さえておきたい3つの戦略【特集:New Order】 - エンジニアtype

自分の好きなAPIについて、重要だと考えている項目3つを挙げています。タイトルにある「API経済」という言葉を文中に入れ損ねているのはご愛敬。


余談ですが、締め切りは設定されていなかったものの新年度の特集記事群の1つということで、がんばって急いで書き上げました。恐ろしく遅筆なんだけれども今回は3時間半で約5000文字と自己最高速度。
@dentomoお勧めの「文章を書くのがラクになる100の技」にあった「何を書くか悩まなくて良い程度まで掘り下げてアウトライン/プロットを決める」というコツを適用してみました。

↓オススメです

このエントリーをはてなブックマークに追加