<< tsūの「ū」の入力方法 #tsu | Home | Heroku Buttonで簡単にHerokuにデプロイ #herokujp >>

WebアプリケーションをIntelliJ IDEAからHerokuへデプロイする #herokujp #jbugj

簡単にWebアプリケーションをデプロイできるHerokuですが、IntelliJ IDEAから直接デプロイすることもできます。

デフォルトで対応しているのでプラグインは不要で、手順は以下の通り。

1. Tools→Edit Configurationsより実行設定のダイアログを開く

2. 設定ボタン(スパナのアイコン)を押し、Heroku Deploymentを選択

3. Server...をクリックし、ユーザー名/パスワードを入力


4. 設定ダイアログの+ボタンを押し、Heroku Deploymentを選択

5. 先に設定したサーバ設定を選択し、必要に応じてアプリケーション名(herokuapp.comのサブドメイン)を指定


6. 実行設定の実行ボタン(緑の再生ボタンみたいなの)を押してデプロイ

7. ブラウザよりアプリケーションにアクセス

実際に設定→デプロイしている様子はこちら↓

(時間のかかるビルドの部分は一部カットしてます)

実際に動いているところ↓
https://redpen.herokuapp.com

動画内でデプロイしたのは文書校正ツールのRedPen

サクッとデプロイ出来てインターネットのWebアプリケーションを公開できるのはやっぱり便利!でもビルドにはそこそこ時間がかかるので本番用か、外部から確認してもらうためのステージング用に使うのが良さそう。
ちょっと動作検証するだけならやはりローカルで動かすほうがサクサク。

IntelliJ IDEAからHerokuにデプロイする際の注意点として二段階認証やOAuthには(現在の所)対応しておらず、ユーザー名やパスワードを入れなければならないこと。(IDEAはユーザーが入力した秘密鍵で暗号化するのでHerokuのパスワード自体は平文では保管されません)

Herokuについて詳しくは「プロフェッショナルのための実践Heroku入門」をどうぞ。もっと丁寧な説明が書いてあります。



関連記事:
Heroku Buttonで簡単にHerokuにデプロイ #herokujp - #侍ズム
Java WebアプリケーションをHerokuへデプロイする #herokujp - #侍ズム
Getting Started with Java on Heroku | Heroku Dev Center
RedPen を公開しました (ベータバージョン) | Advanced Technology Lab
社内共有会で使用した RedPen 資料と進捗 | Advanced Technology Lab

※1 こちらにはGoogle Analyticsコード入りのブランチをデプロイしてあります→ https://github.com/yusuke/redpen/tree/atl-analytics
※2 入力した文章は記録していません。厳密にはアプリケーションのログが直近100行分Herokuに記録されていますが、当方では保管していません




コメント追加 トラックバック送信